ことわざを使って遊んでみよう!

 

 試験のためにことわざを覚えたり、ふだんの会話でことわざを使うだけではなく、ことわざを使っていろいろな遊びをしてみましょう。いくつかの遊び方の例です。

 

①すごろく(双六)、カルタ大会

 

②ことわざ絵あて(ことわざを絵や漫画にしたものが、たくさんあります)

 

③なぞなぞ、クイズ

 

④穴あきことわざ完成クイズ

 

⑤ことわざしりとり

 

⑥ことわざ絵つくり(ことわざを絵にしてみましょう)

 

 

 

自分たちのことわざを作っちゃえ!

 

 創作ことわざを作ろう!

 

作り方は、たくさんあります。ひとつの方法を紹介しましょう。

 

①今あることわざをまねて、その一部を自分の言葉に変えてみます。

 

 「猫に小判」 ⇒ 「猫にアンパン」

 

  「馬の耳に念仏(ねんぶつ)」 ⇒ 「弟の耳に念仏」

 

これは、誰にでも作れますね。でも、どういう意味になるか、も考えましょうね。

 

②標語を作るようにしてみます。

 

 「狭い学校そんなに急いでどこへ行く」

 

 「おこりんぼさようなら、やさしんぼこんにちは」

 

 「明日の用意は寝る前に」

 

今あることわざをまねてもいいですし、世界で最初のことわざを考え出してもいいですよ。

 

 作る題材は、学校、友達、遊び、勉強など、どこにでもありますから、自分が考え、感じたことなどを、短い言葉で、おもしろい語句で、リズム感のある言葉で言えたら、とてもすばらしいと思います。

 

 自分で作った「ことわざ」のうち、みんなの人気がえられ、たくさんの人がそれを使い続ければ、それはもう立派なことわざです。ひとことで「言葉の人気者」、それがことわざなのです。自分の言葉で、そんな「言葉の人気者」を作れたら、本当に楽しいでしょう。

 

 

 

 

みんなが作った「創作ことわざ」

 自分のことわざを作るためのヒントとして、東京の小学生と大学生の作ったものを、いくつか紹介しますので、参考にしてください。意味も考えてみてください。

 

 

◎小学校5年生の作品

 

 ねこも犬にかみつく

 

 うぬぼれは一生の損

 

 金より命

 

 口だしは損のもと

 

 書いた魚に羽つける

 

 ばかほど正直

 

 こわれた時計のねじをまく

 

 かわいい者は得をする

 

 

 

◎小学校6年生の作品

 

 おまわりもスラれる

 

 手で歩き足で持つ

 

 目は大きくても先は見えず

 

 地図があっても道にまよう

 

 太平洋を泳いでわたる

 

 痛かったら泣けばいい

 

 知恵は武器にまさる

 

 

 

◎大学生の作品

 

 あきらめはひらめき

 

 だるまさんはころばない

 

 友多くして友おらず

 

 意志は石よりかたい

 

 手術とけんかは終われば何ともない

 

 しみとうらみは消えにくい

 

 そばと計画はのびやすい

 

 

(c)日本ことわざ文化学会 2010

 © 日本ことわざ文化学会, All rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now